籾殻は資源 10.10.12

Posted at 10/12 農作業もまた楽し » コメント(0) » トラックバック(0) »

刈取った籾を乾燥して籾摺り(玄米にする)と、副産物として大量の籾殻が出ます。この籾殻をどうしているのか?疑問ではありませんか。

籾殻の行方.jpg

籾殻は基本的に田んぼに散布するのが一番良いです。でもこの籾殻を田んぼに散布するのは至難の業。今年のように稲刈り時、雨が多い年は籾殻を田んぼに散布することは出来ません。なぜか?田んぼがぬかるみコンバインでもやっと進むのにトラクターで籾殻散布は出来ないのです。

私は以前から畜産農家(和牛を飼っている)と提携して、籾殻を全て畜産農家にやっています。そこで籾殻は牛の敷き床になります。フカフカして牛も歩き易いでしょう。当然牛はそこで糞尿をします。それを取替えることで糞尿と籾殻が混じったものになります。それを発酵させると良質な堆肥となる訳です。
この堆肥を田んぼに散布すれば良質な有機肥料が田んぼに入ったことになるわけです。

資源を無駄にしない、リサイクルの環が出来ていることになりますね。
画像は籾摺りで出た籾殻をダンプカーの荷台に積み入れているところ。満タンになれば畜舎に行き空けてきます。

このような環がつい最近までありませんでした。話し合いの中で生まれた資源循環の仕組みです。

人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場

"籾殻は資源 10.10.12"へのトラックバック

トラックバック先URL

"籾殻は資源 10.10.12"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">