等級の評価は? 10.9.14

Posted at 09/14 農作業もまた楽し » コメント(2) » トラックバック(0) »

刈り取って乾燥調整(乾燥してから玄米にする)が終わり、いよいよ米の出荷です。
何時もながら初出荷はドキドキです。

こしいぶき初荷.jpg

今回の初荷は「こしいぶき」という品種の米を280袋出荷します。これはJA出荷。私の場合コシヒカリ以外はJA出荷です。
手塩にかけて育てた米を出荷するわけで、それも初荷。様々な思いが込められています。

でも今年の夏は(今でも)超高温、ここで育った稲はどんな米を作ってくれたのでしょうか・・・?検査結果が楽しみです、というか不安です。

ここで一言。
米の検査制度は、食味や栽培方法などは一切関係ありません。
見た目だけです。見た目が良ければ一等米。
つまりこの検査制度は大量に買う側(米卸業者)の利益のために成り立ってる検査です。きれいで歩留まりがよい米が一等になる仕組みです。
このような検査制度が何時までもつのでしょうか?はなはだ疑問ですね。
そして検査は民間委託。まあ米の検査制度は地に落ちました。

等級の評価はもっと別なところにあるような気がしますが?


人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場

"等級の評価は? 10.9.14"へのトラックバック

トラックバック先URL

"等級の評価は? 10.9.14"へのコメント

コメント » 野良通信  2010/09/15 21:53

前から疑問に思っていることがあります。出荷は30.5キロでしますよね、米の値段は30キロの値段です。売っている米もきっちりの重さです。0.5キログラムの米は何処に行ったのでしょうか。

コメント » そうえん  2010/09/16 08:51

袋の重さや検査する時のサンプルの重さなどと理由はありますが、要は「おまけを付けろ」と大手米卸から言われているのでしょう。
買う側は1gでも足りないと不足してると言ってくるので、昔からの慣習なようです。

"等級の評価は? 10.9.14"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">