芽が出た 10.4.9

Posted at 04/09 農作業もまた楽し » コメント(0) » トラックバック(0) »

コシヒカリ種子の芽だしをしています。
種籾の脇に少し出っ張っている部位が分るでしょうか?

コシヒカリ芽だし.jpg

稲の種を播くときは、芽が出る直前(はと胸状態)のものを播きます。
これより芽の出具合が少なくとも、また出すぎても困るのです。芽が出る直前の状態で播種するのがベスト。でもこの状態で播くのは至難の業、というかどんどん芽は伸びるので、ベストタイミングの見極めが難しいのです。浸種水温積算120℃は以前にも書きました、この積算温度で一気に32℃まで加温すると、数時間後にはきっちり芽が出る直前になります。
この数時間後という時間が勘と経験な訳です。

勘というのは経験と観察がものをいいます。あてずっぽうでの勘は勘ではありません。今回もドンピシャ当りました。私の経験と観察力もまんざらではないようです。

種籾の表面に白く見えるのは微生物農薬によるコーティング、もちろん農水省が認めた化学農薬では無いことは間違いありません。

人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
     バナーをクリックしていただけると嬉しいです。

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場

"芽が出た 10.4.9"へのトラックバック

トラックバック先URL

"芽が出た 10.4.9"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">