芽を覚ます 10.3.24

Posted at 03/24 農作業もまた楽し » コメント(0) » トラックバック(0) »

コシヒカリなどの種籾を水に浸けています。
ゆっくりと寝ていた種の芽を覚ましてやります。

         種籾浸種.jpg

まずは2週間を目安に水に浸けます。水温を見ながら積算温度(日々の温度を積算した数字)が120℃になるまで水に浸けるのです。今日現在の水温は約8℃、120℃に到達するには15日位必用でしょうか。

変な機械が真中から出てると思いでしょう。これは水を循環する装置、兼水温を設定温度まで上げてやる機械です。通称「はとむね催芽器」と言います。芽出しの時、循環しながら水温を上げてやると芽が出るという仕掛けです。

まずはコシヒカリの種籾を水に浸け、芽を覚まさせることだけに使います。次の作業は後々紹介しましょう。

人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
     バナーをクリックしていただけると嬉しいです。

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場


"芽を覚ます 10.3.24"へのトラックバック

トラックバック先URL

"芽を覚ます 10.3.24"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">