TPP問題と似たり 11.10.24

Posted at 10/24 農作業もまた楽し » コメント(0) » トラックバック(0) »

近年この植物が目に付くようになりました。秋を代表する花?となってしまったのは、とても残念です。

     セイタカアワダチソウ.jpg

植物の名前は「セイタカアワダチソウ」。北アメリカ原産で、切り花の観賞用として持ち込まれたり、輸入した物に種子がくっついて来たりして日本に繁殖したとのこと。昔はこのような植物はありませんでした。今頃はススキが主流で「秋が深まって来たな」と感じたものですが、いまはこの植物の花が秋の深まりを感じさせることになってしまったのです。

日本は今、外来種に侵されつつあります。このセイタカアワダチソウもしかり、ブラックバスやブルーギル。噛み付きガメや外来なまず・・・。数えたら限がありません。
そして外来種はひっそり生きているのではなく、日本古来の生物を駆逐しているのです。

今問題になっているTPP。外来種の猛威とオーバーラップして見えてくるのは私だけでしょうか・・・?

人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場

"TPP問題と似たり 11.10.24"へのトラックバック

トラックバック先URL

"TPP問題と似たり 11.10.24"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">