命をいただく 10.9.7

Posted at 09/07 農作業もまた楽し » コメント(0) » トラックバック(0) »

ついに始まりました。
一年の内で一番忙しい、超多忙な時期が・・・。

     稲刈り.jpg

「稲刈りは忙しい・・・。」と農家は言います。
忙しいのは事実です、でも嬉しいのです。
早春から育てて来た稲が実るですから、嬉しくないはずがありません。
そうえん農場の早生種「こしいぶき」の刈取りが始まりました。

刈る時、もういいのかな?まだ早いのかな?刈るけどいい・・?と思って刈ります。と言うのも、ず~と育ててきた稲を刈るのは偲びがたいのです。今まで育ててきた稲を刈るということは、稲の命を絶つことです。「あなたは子孫の米を残したから、刈ってそれを頂きます。」と稲に言っているようなもの。
だから刈る時は決断しなければならないのです。

まあ、稲は米を取るために作っているわけです。
でも、その「命をいただく」行為は農家であれば忘れてはなりません。

人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場

"命をいただく 10.9.7"へのトラックバック

トラックバック先URL

"命をいただく 10.9.7"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">