こいつを退治しなければ 10.8.27

Posted at 08/27 農作業もまた楽し » コメント(0) » トラックバック(0) »

早生種の「こしいぶき」がかなり実ってきました。
9月初旬には刈取り適期を迎えます。

くさねむ.jpg くさねむ実.jpg

田んぼにこのような雑草が増えてきました。名前は「クサネム」といいます。マメ科クサネム属の田んぼに生える一年生雑草。
この雑草は6月下旬頃、田んぼの水を抜き中干しする頃発芽します。そして刈取りの頃になると稲より大きくなってしまいます。

こいつの悪いのは種がびっしり付き、放置しておくと来年は数倍の量が生えること。そして刈取り乾燥調整でもこの種が取りきれず、玄米に混入してしまうのです。米粒よりも小さな黒い種なので米に混入するとはっきり分ります。

このクサネムの繁茂を防ぐため中干しをしない、という農家もいます。(田んぼに水を張っておくと、ある程度防げる)

さてさて、稲刈り前にこいつを取らなければなりません。田んぼに入り一本づつ引き抜きます。引き抜いたクサネムを畦道に放置すると、そこに種が落ち来年そこにびっしり生えるので、焼却して種を燃やしてしまうのが一番良いようです。が、今は野焼き禁止。面倒な世の中です。

人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場

"こいつを退治しなければ 10.8.27"へのトラックバック

トラックバック先URL

"こいつを退治しなければ 10.8.27"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">