一足早く刈取り 10.8.20

Posted at 08/20 農作業もまた楽し » コメント(0) » トラックバック(0) »

稲刈りが始まりました。
と言っても、一足早く牛の餌用の稲の刈取りです。

飼料用稲刈取り.jpg

田んぼの転作(米を生産しない田んぼ)に牛の餌にする稲を作っています。
横文字でホールクロップサイレージ稲といいます。田植えからの管理は同じですが、一足早く田んぼを乾かし、8月下旬に刈取り出来るよう田んぼを硬くします。専用の収穫機械でワラごと刈り取り、機械の中で丸めて200kg位のワラの団子に仕上げます。それをラッピングマシンでラップしておくと11月頃には稲ワラが乳酸発酵し牛の餌に仕上がるという代物なのです。昔、牛舎のそばにサイロがありましたが、サイロ替わりにラップしておくわけです。

この刈取りは何時も暑い8月中。今年の夏は特に暑いわけで。作業者汗だくでの作業が3日間続きました。これで転作の刈取り作業前期は終わり。次は稲刈り後、納豆用大豆(すずろまん)の刈取りがあります。

田んぼには米ばかりでなく、牛の餌用の稲や納豆用大豆、枝豆などを作っているのです。

人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場

"一足早く刈取り 10.8.20"へのトラックバック

トラックバック先URL

"一足早く刈取り 10.8.20"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">