生育調査 10.6.10

Posted at 06/10 農作業もまた楽し » コメント(0) » トラックバック(0) »

田植え後から、稲の生育調査を県の普及センターの指導をいただきながら行っています。
生育調査とは、簡単に言えば稲の育ち具合を調べること。調べてる稲の品種はコシヒカリ。調査項目は草丈(稲の長さ)、葉齢(葉の数)、茎数(茎の数)、葉色(葉の色の濃さ)。私が調査しているのではなく長男がしているのです。(私も若い時はきちんとやりました。)

稲生育調査_1.jpg 稲生育調査_2.jpg

この調査データを毎年蓄積することで、例年より育ちが良いとか悪いとか、その年の食味や品質と照合することで、より良いより美味しい米を作ることができるようになります。
若い時は夢中になり調べたものですが、経験と経過とともに稲姿で判断するようになりました。俗に言う勘というやつです。本当はこれではいけないのです。毎年のデータの蓄積とその年の気候、出来た米の品質や食味をフィードバックして来年の稲作に繋げるのが本当の稲作であるはずです。
稲の育ちを数値で知ることにより、次の仕事や打つ手が見えてくるはずなのです。

稲刈りまでの長丁場、きっちりデータを取って、稲の育ちを数値で把握してもらいたいですね。

人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場


"生育調査 10.6.10"へのトラックバック

トラックバック先URL

"生育調査 10.6.10"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">