種子を制する者は・・・ 11.2.15

Posted at 02/15 農作業もまた楽し » コメント(0) » トラックバック(0) »

今年作付けする稲の種籾、第二弾が運ばれてきました。
品種は「こしいぶき」という、コシヒカリより刈取りが早い早生種です。
これで今年の作付け品種の種が揃いました。

種籾到着.jpg

今、稲の種=種籾は全て買っています。昔は収穫した籾を種籾用に自家採取していたのですが、今そのようなことをしている農家はほとんど居ません。特にコシヒカリがBLになってからは、自家採取は出来ないことになりました。(BLが毎年変わることと、異種混入を防ぐため)
稲刈りで収穫する籾は稲の種でもあります。人は稲の種の殻を剥き表面を削り、白米にして食べているのです。(玄米食もあり)

「種子を制する者は世界を制す」という言葉があります。多種多様な種子を持ち、それのパテントを持っているか?が種子企業の強みです。また野菜は一代雑種がほとんどになりつつあります。(一代しか性質を継がない)
全世界を見れば食糧難の時代が近づいています。まさに種が世界を制す時なのかも知れません。

人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング

コシヒカリと越後姫、枝豆大峰かおりの産直、そうえん農場

"種子を制する者は・・・ 11.2.15"へのトラックバック

トラックバック先URL

"種子を制する者は・・・ 11.2.15"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されま せん。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

そうえん農場

カウ

ンター
syokumati_s.gif

C M そうえん米コシヒカリ

C M 越後のお姫様

div class="side-out">